Girl in blue and white shirt man worried

自殺の危険性

woman is reminant

双極性障害は、その患者の約5人に1人は自殺してしまっているほど危険な精神病だ。放っておくと大変な事になる。双極性障害は感情の振れ幅が大きく、それが心にダメージを蓄積させていってしまう。なので早く病院に行って治療をしよう。

2つとも危険

white pills

双極性障害には2つの型が存在しており、躁状態が強いのが双極Ⅰ型障害で、弱いのが双極Ⅱ型障害だ。Ⅰ型は感情の振れ幅が大きく危険で、Ⅱ型は発見がしづらいので危険だ。早期発見して治療する為にも、うつ病と躁病の症状を理解しよう。

治療法を知ろう

woman against on the wall is boring

双極性障害には2つの治療法がある。薬での治療と精神療法だ。主に使われるのは気分安定剤と認知療法で、どちらも双極性障害には高い効果が期待できる。まずは病院へ行って医師と相談しよう。

ストレスが呼ぶ精神病

purple pills with yellow strips

双極性障害という言葉に見覚えはないだろうか。この双極性障害は、誰もが発症する危険性を持った精神病だ。精神病と聞いて真っ先に思い浮かぶのはうつ病ではないだろうか。うつ病といえば現代病のひとつとしても有名で、社会や人間関係などが原因で発症してしまう。精神病は治療をしても完治するのは中々難しく、再発してしまうケースは多い。うつ病も治療の手段はあるのだが、やはり再発の危険性とは常に隣りあわせだ。しかし治療を続けなくては生活に支障をきたす。うつ病の症状といえば、体がダルく感じ、鉛のように重くなったり、何事にもやる気が起きなかったり、悲観的な考えばかりしたり、睡眠や食欲などが乱れてくる。夜に中々寝付けなかったり、夜中に何度も目が覚めたり、食事に魅力を感じなかったりなど、生活に悪影響を及ぼす。
このうつ病と対を成しているような精神病が躁病だ。躁病の症状はうつ病と似ているが正反対とも言える。躁病の症状でうつ病と決定的に違うのが自分に対して凄くポジティブな点だ。特になんの根拠もなく「最近の自分は絶好調な気がする」と思ってしまう。ポジティブであればなんの問題もないように見えるが、ポジティブも度が過ぎれば悪い事態を引き起こしてしまう。躁病の人はギャンブルで借金を作ってしまいやすい。何故ならギャンブルで失敗が続いても「次は大丈夫」とどんどんとお金を注ぎ込んでしまうからだ。つまり「もう今日は駄目だ。やめておこう」というストッパーが無いのだ。なので早く治療に取り掛かるべきだ。知人にこういった症状を見かけ場合も治療を勧めてほしい。
双極性障害の話に戻ろう。話を戻すと言ったが、実はずっと双極性障害の話をしていた。何故なら双極性障害とは、このうつ病と躁病が合わさった精神病だからだ。